悠閑自在大航海時代

能登鯖日々是生産。 楽しい仲間とまったり海で漂う華凉の忘備録。

大航海時代Online公式 DOL総合掲示板 大商戦 大冒険
東奔西走 めもりあのーと 大航海時代Onlineメモ 採集・調達データ
D.K.K_map DOL NPC街地図 総括wiki クエスト別館
効率・能力検証Wiki

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-09 [ Fri ]
こんにちは、華凉です。
いよいよ梅雨ですかねぇ…。
引っ越し終わってないんですけど…orz

さて、海事は無事47になりました。
50まで上げようかなぁ~とも思ったのですが、さすがにちょっと海事ばかりで飽きがorz
経験値的には2万代なので、商人に転職前にはやってしまおうかと思っています。

一路地中海に戻って来た私は、大砲作成の依頼を受けたので一路ハンブルグへ。
ちなみに注文内容はカロネ14門10基。
依頼主は商会長のフロードさんです。
どうやら海事上げを行うらしく、大砲がたくさん必要との事。
私はとりあえず金庫に入っていた10基を納入したのですが、さらに10基依頼を受けたのです。

私はイスパ国籍なので、バルパルorバルバレで大砲を作成するのが一番手っ取り早そうなのですが、火器取引が低い為効率的ではありません。
そのため、とりあえずハンブルグで大砲を作成した後にバルバレをしています。

ハンブルグ到着後、カスタムスロットF8を羊ワインにして、いざ鋳造開始。
鉱石取引6+2+1を活用して、がしがし叩いていきます。
途中、青銅と鉛材も作ります。
カテ2を連打するので、そのぶんの赤字埋めに使うためです。

大砲が500程度まで作成できたら、一路バルセロナへ。
途中、アムステルダムで「両手剣納入」クエを受けます。
マルセイユで落としてカテ3が7枚のこのクエ。カロネの大量作成の時に重宝します。

バルセロナに到着したら、大砲と砲弾と鋼を重点的に購入して一気に大砲を作成します。
先程のクエで手に入れたカテ3と、鋼用のカテ2を連打していきます。
この際、カロネを作って船倉が開いた段階で交易品も積んでいきます。
マスケとか、真鍮とか。
特にマスケは儲けの軸になるので、重点的に積んでいきます。

結果、大砲を23基ほど作成できました。
そのうち名匠品は7基。
まずまずだったと思います。

早速納品先である商会の、ざくろん、ぽてぃ、会長に納品です。
作った大砲でどんどん船を沈めて欲しい物です…。
-------
商会員FILE:001
会員名:フロード
役職名:商会長
-------
アフリカの少数部族であるドーティ族の出身。
ドーティ族はコンゴ王国の近くに住み、ンジンガ・ンベンバの家とは遠縁であるという。
部族の特徴としては、裸であることを好み、あまり服や装飾品を身につけることは少ないといわれている。そのせいか、肌の傷から発祥する病気に非常に弱かったとされている。
また、コンゴ王国がカトリックなど西洋との関わりを持っていたことに対して、独自の文化を頑なにまで守り、他の部族とでさえ接触を拒んでいたと言われている。

1500年代、ドーティ族は欧米人(名前は不明だが、ドールという家名)が部族調査に訪れた際、これを捕獲する。
が、その欧米人が発祥していた伝染病(一説には梅毒)に感染し、次々と死んでいった。
5歳のフロードはたまたま長老1名と狩りに出ていたため、難を逃れたものの、長老の発案によりコンゴ王国経由でポルトガル行きの船に乗せられ、アフリカを脱出した。
その後、部族の消息は不明である。

ポルトガルに到着後は、商戦の掃除や軍船の大砲運搬などでその日暮らしのような生活をしていた。
が、その中でも火薬をくすね、砲弾をくすね、装甲をくすね少しずつ資金を貯め、今日の基礎を築き上げた。

ある日、ポルトガルでンジンガ・ンベンバに会った際、彼が発した「ドーティ族如き」という言葉に激怒し、フランスへと亡命する。
遠縁なのだが、まだ神学生として自律が足りないンベンバとしてはアフリカにいた際の感覚で発してしまったのだが、5歳までとはいえ、誇り高きドーティ族の教えを受けて育ったフロードには耐えがたき屈辱であった。

「カソリックなぞに部族の誇りを売り飛ばしやがって」

その言葉を吐きつけて、マルセイユに向かったフロード。
リスボンに寄港することはあっても、決して王宮付近に近づくことは今の彼には無い。

ポルトガルにたどり着いて後、西洋の文化の中で育ったせいか、洋服を身に着けた方が何かと便利であることは理解しているようである。
戦闘の際も、鎧兜は忘れない。

だが、平時であればフロードはドーティの姿になる。
港前で知己と談笑する際。
商館で商会員を前に鼓舞する演説をする際。
マルセイユ王宮で謁見する際。

「わかって貰えないかもしれないが、脱ぐことがドーティ族では正装なんだよ」

酒場で酒場女相手に、上腕二頭筋を近づけながら語るフロード。
酒が入って筋肉はほんのり赤くなっている。

「体に寸鉄を帯びていないこと。これは相手に自分は危害を加えないという宣言なんだ。ドーティ族は戦闘の民だ。交易は下手だし、発掘した品を売り飛ばす時も二束三文で売り渡してしまう。狩りや戦いの中でこそ部族の血は呼び覚まされるんだ」

生ハムを齧り、ラム酒を含む。

「だが、戦いは何も生まない。命が失われるだけだ。相手に痛手を与えた時は高揚するかも知れないが、こちらに犠牲が一人でも出たら大きな悲しみとなる。だからドーティ族は他の部族との関わりを絶つことにした。出会わなければ戦わなくて良い。そうすれば死人も出ない…」

酒場女に酒を注ぐように促す。

「そしていつしか部族はドーティだけで服装が良くなった。戦わなくて良くなったのさ…。あの日まで平和だった…。あの流行病が起きるあの日までは…」

そこからはフロードは言葉を紡がない。
身に着けた古びたドーティの生地を無意識に指でつまんでいた。

フロードが立ち上げ、商会長を務めるナポリ5番商館、WOLF商会。
今日も裸の商会長と楽しい会話が繰り広げられる。

「というかフロードさはドーティ一丁で良くストックホムル行けるよねー」
「おう。吹雪も俺を避けていくぜ」
「ダウゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ」

今日も笑いは耐えない。
部族を失ったフロードが得たもの。
それは何なのか。

彼は語らない。
ただ、微笑むだけ。

「おう、今日も一段と回線が切れるぜ」

WOLF商会会長フロード。
商会に入会したい方は是非声をかけてみて下さい。


>>続く

-------------------------
□水夫:「はいカットです。船長、ナレーションお疲れ様でした」
■私:「ふうー。人形劇作りって大変よねー」
□水夫:「しっかし、この話は本当なのですかぃ?」
■私:「それは信じる人の心の中にだけ、あるのよ」
□水夫:「そんなもんですかい…」
スポンサーサイト

コメント

ちょ、まw

梅毒ってなんすかー!w
うちの一族はそんな破廉恥じゃないぞぉぉぉ!ヽ(`Д´;)ノウオォォ

こんにちわ

初めまして、大商戦RSSより拝見させていただいてます。
私も大航海に関する少し変わった趣旨のBLOGを持っていまして、もし良ければリンクさせていただきたいのですが( ̄▽ ̄)

URLは http://inner-universe.seesaa.net/
になります。是非お越しください^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://karyolog.blog52.fc2.com/tb.php/34-d274be99

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

BLOG RANKING

PROFILE

  • Author : 華凉(かりょう)
  • 所属:能登
    国籍:西班牙

    冒険:学問スキル皆無
    交易:投資より貯蓄。
    戦闘:海事スキルで最高Rは造船ですorz

  • 管理者ページ

MY DATA

DOL-people

DOL-ping

RECENT ENTRIES

counter

Instructions

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。 無断転載・記載は厳禁と致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。